PBXで利用できる転送機能の種類

PBXの転送の仕組みと種類

PBXは大規模オフィスで利用される小型の電話交換機。 外線電話や内線電

PBXは大規模オフィスで利用される小型の電話交換機。
外線電話や内線電話、代表組といった機能が使える他に、「転送」も便利機能の一つです。

PBXの「転送」も便利機能の一つ

そこで、一言で「転送」といっても、PBXや一般的なビジネスフォンには様々な転送機能が搭載され、職場の環境に合わせて便利に活用できます。

一般的に、転送は「保留」とセット利用され、内線転送は勿論、外部に転送する外線転送機能も使えるのです。
ということで今回は、PBXで「転送」ができる仕組みと転送の種類をご紹介いたします。

▶︎目次

1.PBXで「転送」ができる仕組み

まず、冒頭でも説明した通り、PBXは小型の電話交換機。
通常PBXはオフィス内に設置され、内線電話の制御、外線電話を公衆回線に接続するなどの役割を果たし、主に中規模~大規模オフィスで利用されます。

それ以外の小規模~中規模オフィスではビジネスフォンが利用されますが、大きな違いは接続できる電話機の数です。

また、PBXに接続する全ての多機能電話機には、内線番号が割り振られます。
PBXのタイプで内線番号の割り振り方は異なりますが、一般的に「201、202」、「2001、2002」といった番号が使われます。

そこで、この内線番号が転送機能では重要。

PBXで「転送」ができる仕組み

PBXで転送ができる仕組み

PBXはオフィス内に設置し、利用する多機能電話機に接続すれば、内線・外線通話が可能に。
合わせて、「転送」もPBXで制御され、内線番号を利用した内線転送が利用できるのです。

また、転送機能は「保留」とセットで利用するのが一般的。

使い方の例えとして、外線電話を「外線01」で着信して、内線番号「2001」の社員へ転送するケースで説明すると、内線「2001」の社員が近く居る・居ないで転送方法が少し異なります。

内線番号「2001」の社員が近くに居る場合

➀外線電話を「外線01」で着信
➁要件を聞いて「保留ボタン」を押して一旦保留状態に
この際、相手には待受けメロディが流れ、転送待機状態になります。
➂内線「2001」の社員が近くの席なら、「◯◯さん外線01に◯◯さんから電話です」と伝えて自分は受話器を置く
➃内線「2001」の社員は外線01を押せば通話ができます。

内線番号「2001」の社員が別室、別フロアの場合

➀➁は同上
➂「2・0・0・1」とダイヤルして内線「2001」の電話機を呼び出す
➃内線「2001」の社員が電話に出たら、「外線01に◯◯さんから電話です」と伝えて受話器を置く
➄内線「2001」の社員は外線01を押せば通話ができます。

以上のように、転送は「保留ボタン」とセットで利用され、PBXの基本的な機能の一つです。

2.PBXで利用できる転送機能の種類

前項では一般的に利用される内線転送機能をご紹介しましたが、外部の携帯電話などに転送できる外線転送機能も備わっています。

PBXで利用できる転送機能の種類

その外線転送には、

  • 外線手動転送
  • 外線自動転送

と、大きく2つの転送方法があり、さらにその他にも「不在転送」という転送機能も利用できるのです。

その不在転送にもいくつかの種類があり、

  • 無応答転送
  • 話中転送
  • ツインコール外線転送

といった転送機能があり、ご利用のPBXによって使える機能は異なるものの、いずれかの転送機能は備わっています。

このような転送機能を利用すれば、外部の携帯電話やスマートフォンへの転送は勿論、不在時にも転送できるので、業務の効率化に大きく貢献してくれるのです。

さらに詳しく転送機能を知りたい方は、『ビジネスホンの不在転送とは?』で紹介されているので、こちらのサイトを参照してください。

3.まとめ

PBXは、内線・外線電話を制御する他に、転送機能を制御する役割を果たします。

ご紹介した通り、一口に転送といっても様々な転送機能が備わっており、内線転送は勿論、外部に転送できる外線転送や不在転送といった機能が利用できます。

いずれもビジネス上で利用すればとても便利な機能なので、上手にPBXの転送機能を活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です